考察

期待値は左か右か

つまらない論争なんですが、値を比較をするするときに期待値を演算子の左と右のどちらに置くべきなのでしょう。つまり、 if (value == expected) と書くべきか、 if (expected == value) と書くべきかという問題です。 私は前者にすべきと考えています。 も…

開発プロジェクト統合環境が必要

散々ぼやいているが、ITこそITで効率化するべきだと思っていて、現在その道具が揃いつつある:GitHub、JIRA、Jenkins、Maven、XUnit、Chef、etc。先進的な組織はこういうのをどんどん取り込んでいって、気持よく働ける環境を作り出している。 しかしながら、…

なぜRedHatだけ成功しているのか?

以前、サポートはOSSを商売にするには一般的な方法だと書きました。 オープンソースの弱点(4)サポート - 超ウィザード級ハッカーのたのしみ しかし、OSSのサポートをするというビジネスモデルで大成功している企業はRedHatぐらいではないでしょうか。RedH…

COBOLは悪くない

COBOL排除の動きが進んでいるそうで…… itpro.nikkeibp.co.jp 私はCOBOL触ったことないですし、COBOLerの実態もよく知らないし、そもそもSEではないので、以降完全に推測で書きます。 私は別にCOBOL言語自体は悪くないと思っている。確かに古いので、新しい言…

プログラミング言語の選択

プログラミング言語の選択は、ソフトウェアの価値を決定する大きな要素の一つだと思っている。言語はソフトウェアが依存する規格の中で最も大きい物だからだ。規格の重要性については、 OSSとは標準規格である(1)――ソフトウェア規格の奪い合い - 超ウィザ…

AWS Lambda

クラウドのデファクトスタンダードAWSに「Lambda」というサービスが出ています。これはすごいです。何がすごいのかというと、Lambdaは計算機の抽象化の新しい形態と思われるからだ。 Lambdaは何をしてくれるのかというと、データが投げられるイベントを検知…

開発プロセスの目指すべきところ

プロジェクト・マネジャーをしているわけでもないのに、開発プロセスについて誰よりも考えていると思います。残念ながら私の考えを試してみて実証する機会がないので、私の考えが正しいかは分かりません。しかし、実績ができたら開発プロセスの指南だけで十…

オープンソースの弱点(4)サポート

OSSが弱そうなところについて書いています。 日本語 GUI 運用 サポート のうち今回はサポートについて。 サポート OSSで商売をするとしたら最も一般的な方法はサポートだ。*1したがって、弱そうなところというのはウソです。サポートを考えると安価であると…

オープンソースの弱点(3)運用

OSSが弱そうなところについて書いています。 日本語 GUI 運用 サポート のうち今回は運用について。 運用 運用はオープンソースに関わらずソフトウェアにとっての鬼門だ。開発するのと運用するのとの間には大きな断絶がある。左から右に流れるウォーターフォ…

ソースコードの著作権表示

いつごろからある慣例なのかは知らないが、ソースコードのファイルの先頭は必ず著作権についてのコメントが入れられている。おそらくフリーソフトウェア運動が始まった頃からだと思う。ソースコードの著作権がなかったら、表記なんてできないし、ソースコー…

オープンソースの弱点(2)GUI

OSSが弱そうなところについて書いています。 日本語 GUI 運用 サポート のうち今回はGUIについて。 GUI 一般にOSSのGUIはあまり使いやすくないと思う。GNOMEも何が悪いのかは分からないが、なんか使いにくい。UbuntuのUnityもなんか使いにくい。 コミュニテ…

オープンソースの弱点(1)日本語

今やオープンソース・ソフトウェア(OSS)を無視して計算機は語れない。OSSを制するものが業界を制する状態だ。 ソフトウェアを作って売るという商売をしているとどうしてもOSSと比べて競争しようとしてしまう。縄張りに侵入してきている外敵に見えるのだ。…

大きいコードを書くには

前回、コードに垂直方向のスケーラビリティ――コード規模のスケーラビリティについての式を考えた。 Nがコードの規模、Wがそのコードを作る労力であり、wが単位規模のコードを作る労力、rがコードを加える際に既存のコードを調べたり・改造したりする割合を示…

コード規模のスケーラビリティ

前回、ソフトウェアの開発には水平方向・垂直方向のスケーラビリティがあると軽く触れた。水平方向のスケーラビリティとは人を増やせばそれだけ開発能力が向上するということで、垂直方向のスケーラビリティとはソフトウェアの規模が大きくなっても開発速度…

ソフトウェア開発のスケーラビリティ

人月あたりの生産量、1kステップあたりのバグ数みたいな指標は便利なのでよく用いられる。私も、 プログラマの生産性の公式 - 超ウィザード級ハッカーのたのしみ で単位時間あたりの動くコードの生産量といった数をおいた。単に数値を数値で割っているだけ…

ビルドツールに関数型プログラミングが向いている

世の中にビルドツールは数あれどどれも気に食わない。いっそのこと自分で作っちまおうかとすら思い、ビルドツールに必要な機能を考えている。 ビルドツールは手続きを書くのが主流だが、関数型プログラミングを意識して作った方が上手く作れるのではないか。…

プログラマの生産性の公式

n行の動くコードをコーディングするのにかかる時間をTとすると、Tはざっくり以下のようになるだろう。 T = n*(tc + tw) + n*b^2*(tc + tw + tb) + n*b^3*(tc + tw + tb) + ... = n*(tc + tw + tb) / (1 - b) - n * tb ここにtcはバグの有無を問わず1行のコ…

読まないドキュメントより読めるコード

ウォータフォール開発はとにかく仕様書を書くことが求められる。文章を書くこと自体は嫌いでないが、仕様書を書くことは嫌いだ。なぜなら、意味がないからだ。その仕様書を他の人が読んで意思決定が行われたり、その仕様書をもとに他の人が開発をするなら、…

機械が使うものか人間が使うものか

機械には 人間が使う機械 機械が使う機械 の2種類がある。 人間が使う機械とは、UI(ユーザーインターフェース)を持っている機械のことだ。従来道具と言われてきたものは、人間が使う機械である。自動車もスマートフォンもそうだ。 システムとして見た場合…

ITこそITで効率化せよ

情報通信技術(IT)の主な用途は既存の業務の効率化である。計算機は決まった作業を正確にするのに優れている。帳簿をつけたり、そろばんを弾いたり、書類を回送したりする作業は人間がするよりも機械がおこなった方が効率がよい。そのため、計算機はこれらの…

ブログの文章は1500字

ブログの記事にするのに調度良い長さというのはどれぐらいなのだろうか。 一般に文章は短くなっている傾向だ。比較的活字に親しんでいる年齢層が使う掲示板もコメントは3行以内だ。ほとんどの場合は1行である。ニコニコ動画のコメントは単語のみで、文にな…

OSSとは標準規格である(3)――OSSを作る側の幸福

企業としてOSSを開発することにどういった利点があるのだろうかということについて ソフトウェア規格の奪い合い OSSは最大多数の最大幸福を実現する OSSを作る側の幸福 の順に書いている。今回は3回目である。 OSSを作る側の幸福 OSSは利用者を幸せするから…

OSSとは標準規格である(2)――OSSは最大多数の最大幸福を実現する

企業としてOSSを開発することにどういった利点があるのだろうかということについて ソフトウェア規格の奪い合い OSSは最大多数の最大幸福を実現する OSSを作る側の幸福 の順に書いている。今回は2回目である。 OSSは最大多数の最大幸福を実現する ソフトウ…

OSSとは標準規格である(1)――ソフトウェア規格の奪い合い

OSSは今や当然の存在だ。ソフトウェアが欲しいときに最初に検討するのはOSSだ。OSSを無視して計算機システムを考えることは不可能だ。 OSSは篤志家が開発していることも多いが、最近では企業が争って開発に参加している。私がお世話になっているHadoopもほと…

正しい開発プロセスなんてあるのだろうか

良いソフトウェアを生み出すためには良い開発プロセスが必要である。ソフトウェア工学のセントラルドグマだ。 複数人数で管理のない体制の中でまともな製品が生まれることはない。烏合の衆が勝手気ままに動いて製品が出来上がるほど我々は賢くない。 大きな…

無駄に段落が多い本が嫌い

近年に出版された本は、段落の数が多い。一つの段落の文字数が少なく、頻繁に改行が入っている。1文ごとに改行しているような場合も多い。幻冬舎新書や星海社新書といった新書はその傾向が強いように思う。 以下の1つ目の写真は中公新書『理科系の作文技術…

Scaling parameters of the straw buckets in CRUSH

Scaling parameters of the straw buckets in CRUSH

結果がわかっていたら戦争は起こらない?

是非は別として、世の中が右傾化しているように思う。右傾化したら戦争になるという人もいるが、左右と戦争が起こるか起こらないかはおそらく関係ない。 チキンなので、戦争に巻き込まれたくないから、なくす方法を考えている。 一つ思ったのは、やる前から…

ガンダムファイトは戦争のきっかけになる

戦史とか兵器とかは好きですが、反戦派と自認しています。 『Gガンダム』というアニメが昔ありました。地球をリングとして各スペースコロニー国家の代表のガンダムが戦うという物語です。国家の覇権争いを戦争で行う代わりに、ガンダムファイトで行う。要す…

ソースコードは符号でなくて規則なのではないか

前回ソースコードは符号でなくて織物なのだからソーステキスタイルとでも呼ぶべきと書きました。 codeには符号以外の意味もあります。ドレスコードのcode、つまり規則です。 規則という意味であれば、ソースコードという呼び方も私にはしっくりきます。 なぜ…