読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『王様達のヴァイキング』1~3巻

マンガ

『王様達のヴァイキング』
さだやす
ビッグコミックス
1~3巻

王様達のヴァイキング 1 (ビッグコミックス)王様達のヴァイキング 2 (ビッグコミックス)王様達のヴァイキング 3 (ビッグコミックス)

エンジェル投資家坂井と幼い天才ハッカーかつクラッカーの是枝が、ネットビジネスの大海へ航海に向かう。知人に紹介しても、『ワンピース』的なマンガと勘違いされるミスリーディングなタイトルだ。しかし、起業家を未開を切り開く冒険者と例えるのは、こころ踊る。インターネットの黎明期は過ぎて、ネットベンチャーのブームも落ち着いているように思うが、それでもITへのワクワクが掻き立てられる。

技術的な描写もねーよと思う場面はあるが、そんなウィザードいねーよと突っ込んで笑える程度だ。エンジェル投資家という言葉は初耳だったし、よく調査されて描かれている。

でも、スパコンをパスワード破りに使うのはさすがに違うかな?あいつらノード間の通信が早いだけだけだから、完全に独立した分散処理ができるものに使っても意味ない。それに浮動小数点数演算に特化している。

悪いハッカーとかは、ファンタジーだからOK。

ITビジネスが、ほんとすげえ夢あふれる舞台に思えてくる。これもファンタジーなのだろうか。しかし、起業の失敗と悲惨さもちゃんと描いている。だからこそチャンスに満ちているように感じるのだろう。

ちょこちょこっと小手先でサービスを作っているようにも見えちゃうけど。やっぱり、私はもっと低レイヤーなところが好きだし、やるならそっちだな。