読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『一億総ツッコミ時代』

一億総ツッコミ時代
槙田雄司
星海社新書

作詞作曲ものまねで知られる芸人,マキタスポーツが,だれもが評論家でツッコミ過多の現代の生きかたを指南している.

確かに,今は「総ツッコミ時代」である.ここでいうツッコミとは,批判・攻撃のことである.だれもが評論家であることと他罰的なことは,無関係ではないが,異なることである.著者は、評論家であることは「メタ」とよび,他罰的なことを「ツッコミ」と呼んでいる.

他者あるいは他者の作品を評価するのはいいことだと私は思う.インターネットは,評論に溢れている.アマゾンカスタマーレビュー,ぐるなび,ブログ…….評論ブームで,皆がラーメンを食べれば,映画を観れば,良い悪い・好き嫌い以上の分析を始める.人によってはインターネットにそれを書き込んだりする.当然,趣味で好き放題書いている素人の評論は,品質が担保されていないから,稚拙なものが多い;私みたいに.しかし,それは何の問題もない.意見を持ったり,それを発信するのが好きなひとにとっては,そうすることは楽しいのだから.品質が担保されたプロ()の評論家がいるわけだし,素人の評論も数が集まればそれなりに正確になるのだから.

何らかの評価を出そうとして物を見るのと,頭空っぽにして物を見るときには態度が変わってしまうという問題もある.しかし,それは慣れてないだけだと思うのだ.頭空っぽにして見た結果出てきた評価というのが,妥当な評価だと思うのだ.頭を空っぽにして物を見ても,何かしらの評価を出せるようになる必要がある.そのためには,意見を出す訓練をする必要があって,積極的に評論していけばいいと思うのだ.

評論家結構、評論万歳と思ったが、別に著者は評論家きどりに対しては、そこまで問題にしていない.本書では消費者を「求道層」「浮動層」「受動層」に分類しているが,上記したのは,浮動層から求道層に行く方法な気がする.

浮動層について批判的に述べてきてしまいましたが,私は浮動層の態度がダメだ,いけないと言っているわけではありません.ただ,ちょっと無理をしているのかな,背伸びしているのかな,と思っているのです.つらいんじゃないかな,と.(p.84

頭を空っぽにして物を評価できないというのが,浮動層なのではないかと思う.頭を空っぽにできない、つまり入り込まずにものを見ているのが、本書の言葉でいうと「メタ視点」になるのだろうか?

著者が提案するのは,

ひとつは「ツッコミ志向」から「ボケ志向」になること,
もうひとつは「メタ」から「ベタ」への転向です.(p.8)

ということだ.もし、「ベタ」というのが頭を空っぽにするということならば,求道層というのも「ベタ」なのだろう.好きで没入してやっているわけだし.

著者が問題にしているのは,「メタ」より「ツッコミ」の方である.安全圏から他人を攻撃するほど面白いことはないから,ツッコミ志向になるのは仕方がないことだ.ツッコミ志向は今に始まったことではないと思う.松本人志は,日本人をツッコミ志向に変えてしまったほどの影響力はないと思う.ツッコミ志向で窮屈なのは,現代だけの問題ではない.

「ツッコミ」から離れて、話題を生み出す側,つまり「ボケ」に回った方がいいでしょう?とうのが本書の主張である.これには全面的に同意です.


FJK'S BOOK NOTEの2014年5月記事から一部修正して転載