読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイムトラベルSFの分類

小説 考察

タイムトラベルはSFでは一般的な仕掛けである。 SF上のタイムトラベルにはいくつかの種類が存在する。 そこで、SF物語上のタイムトラベルを分類して整理したいと思う。

よくあるように、2つの軸に分けて、4象限のマトリクスで分類していく:軸はそれぞれ、

  • 作品上で歴史改変がある/ない
  • 同時代に同一人物がいる/いない

である。

歴史改変がある/ないとは、時系列もしくは因果関係の系列が一本なのか、それともタイムトラベルによってそれらが変化するかどうかということである。 設定で歴史改変が認めれていたとしても、物語の上で歴史改変がなされないものは、歴史改変がないに含める。ちなみに、『ターミネーター』はそもそもタイムトラベルものでないので分類しない。

同時代に同一人物がいる/いないとは、昨日に飛んだときに昨日の自分がそこにいるタイプなのか、いないタイプなのかという分類だ。 意識のみが時間を越えるのか、あるいは身体も含めて時間を越えるのかは問わない。 この分類は『傾物語』で言及されていた。

以下の表に具体的な作品を分類する。

歴史改変がある 歴史改変がない
同一人物が同時代にいる パラドックス
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ルーパー
傾物語
ハインライン
夏への扉
涼宮ハルヒの憂鬱
ドラえもん(?)
同一人物が同時代にいない 時かけ
時をかける少女
シュタインズゲート
魔法少女まどか☆マギカ
バタフライ・エフェクト
あしたはきのう型
タイム・リープ あしたはきのう

便宜上4つの類型をそれぞれ

と名付けることにする。

パラドックス

このタイプが映画ではもっとも一般的だ。 タイムトラベルによる混乱が生じて、物語的に面白くなりやすい。

しかし、どうしても歴史改変による矛盾:タイムパラドックスが生じてしまう。 タイムトラベルなんて存在しないのだから仕方がない。 それを強引にどう解決するかもタイムトラベルものの面白さのひとつだ。

有名なタイムパラドックスに親殺しのパラドックスというのがある。 過去に戻って自分が生まれる以前に親を殺したら自分が存在できないというやつだ。 これを表現するにはどうすればよいのか?

映画でよくあるのが、歴史的な時系列を無視して、物語の中での時系列で因果関係を表現するというものだ。 例えば『バック・トゥ・ザ・フューチャー』では、自分の存在が危うくなると、体が透けてくる。 また,『ルーパー』では,現在の自分の体に傷をつけると、未来の自分にその傷あとが現れる。 親を殺せば、存在自体が最初からなくなってしまうのだから、自分が過去に行くというイベントが成立しえないはずだ。 しかし、この表現では過去にいくというイベントは存在するけど、親殺しの影響は受けるとするのである。 過去での歴史改変の影響は,時間を越えて現れるのである。

ハインライン

このタイプは、時間軸が完全に一本でタイムトラベルの結果が、タイムトラベルする前に既に反映されている。 ハインラインの作品に代表されるタイプである。

登場人物が過去に行っていくら頑張っても、すでに未来は決定していて変えようがない既定事項である。 親を殺ろそうといくら努力しても成功しない。 このタイプは、パラドックスが生じないのが利点である。

しかし、結果が分かっているので終着点の意外さは損なわれてしまう。 また、結果が決まっているのに登場人物はなんで頑張っているのだろうと読者が思ってしまう問題点もある。 未来の情報を頼りにして、すでに明らかになっている結果に帰着するように工作する。 結果でなくてプロセス重視のタイプである。

あるいは、伏線を貼りやすいという利点もある。 物語の語り口がうまく行けば、読者を驚かせることができる。 ただ、残念ながら読者も慣れてしまっているので、ただ伏線を貼るだけじゃもはや驚きは少ないかもしれない。

ドラえもん』を(?)をつけてここに入れたのは、設定が一貫していないからだ。 ドラえもんが派遣された意図からして、パラドックス型にも思えるが、 タイムパトロールが頑張っているためか、結果としてハインライン型となっているのだろうか? ドラえもんがやっていくる未来は一定だ。

昔話題になった同人作品のドラえもん最終話は典型的なハインライン型である。

時かけ

これは『時をかける少女』に代表されるタイプである。 このタイプでは過去の自分に戻ることができる。 『時をかける少女』の圧倒的影響力のためか日本のアニメ作品はこの型が多いように思う。

このタイプも、意識が過去の自分に飛ぶだけならタイムパラドックスが生じない。 なぜなら、歴史が改変されて、時間軸が分岐することはあっても、パラドックス型のように時間軸がループすることはないからだ。 タイムパラドックスは、本来一方向であるはずの因果関係が、過去と未来がくっつくことで輪になってしまうために生じるのである。

しかし、自分の生前に飛んだらしたらどうなるのだという問題は残る。 生前に飛んだら、タイムパラドックスが生じてしまう。 間宮千昭もしくは深町一夫はどうやって未来に帰るのだろうか? このタイプでは、物語の中では生前に飛ぶということができないという欠点がある。

ドラえもん』の人生やり直し機のエピソードなんかは、時かけ型に分類される。 『ドラえもん』は複数の型が含まれる興味深い作品だ。

あしたはきのう型

このタイプは一般には成立しない。過去の自分にタイムリープしただけで、必然的に歴史が改変されるからだ。

タイム・リープ あしたはきのう』は、同じ時間を繰り返さないという制約を付け加えることで、これを実現している。 この分類を始めた際にこのタイプは成立しないと思っていた。 しいていえば、前述の人生やりなおし機は、今の頭で過去に戻っても,結局同じことになるというオチなので、このタイプかと考えていた。 しかし、『タイムリープ』でこのタイプが成立することが証明されたので驚いた。

なお、細田版の『時をかける少女』でタイムリープという言葉が使われているので、このタイプはあしたはきのう型とした。

作中で他の3タイプそれぞれの作品(具体的には『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『夏への扉』、『時をかける少女』)について言及されていたので、 この作品はあえてこの新しいタイプを狙っていると思われる。 『タイム・リープ』はタイムトラベルものの中でも、特異な位置にある重要な作品であると言える。


2015-09-22