読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コード型ログ(2) staticな変数の排他にはsynchronized(*.class) { } を使う

Java 計算機 ノート

他の人が書いていたら読めるけれども、知らなきゃ書けない定型文をあつめたコード型ログを作っている。今回は2回目。

前回: コード型ログ(1) スレッドを止めるにはinterruptを使う - 超ウィザード級ハッカーのたのしみ


いい設計とは言えないかもしれないが、staticな変数の排他を取りたい時がある。この場合には、synchronized(*.class) { }を使用する。Classオブジェクトは基本的にはstaticでユニークな、つまりシングルトンなオブジェクトである。*1

package org.example.katalog;

public class SynchronizedClass {
  static int count = 0;

  public void run() {
    Thread[] ts = new Thread[5];
    for (int i = 0; i < ts.length; i++) {

      // count変数の値をプリントして、カウントアップすることを10回繰り返す。
      Thread t = new Thread() {
        @Override
        public void run() {
          for (int j = 0; j < 10; j++) {

            // SynchronizedClass クラスのロックを取る。
            synchronized (SynchronizedClass.class) {
              System.out.println(count);
              count++;
            }

          }
        }
      };

      t.start();
      ts[i] = t;
    }

    for (Thread t : ts) {
      try {
        t.join();
      } catch (InterruptedException e) {
        e.printStackTrace();
      }
    }
  }

  public static void main(String[] args) {
    new SynchronizedClass().run();
  }
}

悪い例は、ロック用のオブジェクトを作ることである。

public class SynchronizedClassBad {
  // ロックオブジェクト
  private static final Object LOCK_OBJ = new Object();
  static int count = 0;

  public void run() {
    Thread[] ts = new Thread[5];
    for (int i = 0; i < ts.length; i++) {

      // count変数の値をプリントして、カウントアップすることを10回繰り返す。
      Thread t = new Thread() {
        @Override
        public void run() {
          for (int j = 0; j < 10; j++) {

            // SynchronizedClass クラスのロックを取る。
            synchronized (LOCK_OBJ) {
              System.out.println(count);
              count++;
            }
// 以下略

なお、staticメソッドにsynchronizedをつけたもの

synchronized static void method() {
  // 処理
}

static void method() {
  synchronized (this.getClass()) {
    // 処理
  }
}

と等価である。

*1:ClassLoaderでややこしいことをしたら別。