読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TT-Runner の記録 1

手慰み 計算機 Python

TT-Runner: テストスクリプトのディレクトリ構造フレームワーク - 超ウィザード級ハッカーのたのしみ

GitHub - fjkz/ttap: A Test Scripts Runner

TT-Runner (Test scripTs Runner あるいは Tree Tests Runner) というのをシコシコと作っています。*1

以下、作業記録。

スクリプトのある場所に cd するようにした。

シェルスクリプトはカレントディレクトリ、つまりどこの場所からスクリプトを実行したのか、にシビアである。スクリプトが存在するディレクトリから実行することを期待するのが多いかと思うので、スクリプトを実行する前にそのディレクトリがあるディレクトリに cd するようにした。

カレントディレクトリを変えないオプション (--no-chdir) も念のために用意した。

--stop-on-failure, --skip-all オプションの追加

一つでも operation が失敗したら、残りはすべて skip するオブション --stop-on-failure と、すべての operation を skip するオプション --skip-all を追加した(--dry-run の方がわかりやすいかもしれない)。主にテストスクリプトデバッグ用です。実行にある程度時間がかかるようなテストを想定しているので、こういうオプションは欲しい。

スクリプトの出力をファイルに保存できるようにした

-o オプションで指定されたディレクトリに各スクリプトの結果を保存するようにした。ok/ngだけですべてが分かればいいが、そうはいかないので、ログが残せないと不便だ。result.txt に ok/ng のテスト結果の出力も残す。一応、TAP っぽく出力はしているが、今の出力は本当に TAP として正しいのか。

今後すること

ファイルに結果を保存できるになったら、コンソールへの出力は再考の余地がある。一つ一つのオペレーションが重いことを想定しているので、今のままでは見づらい。何%終わっていて、経過時間はどのくらいかで、失敗があるのかは、コンソールから簡便に確認したい。

JUnit XML も出力できるようにしたい。

テストツールなのにテストがないので、書く必要がある。

ドキュメントは一応書いてみたが、読めないのでまともにしたい。添削してくれる人が欲しい。

可能であれば、TAPを介して、他のテスティングフレームワークと連携できるようにしたいが、それをし始めると大変だろうか。


次回

TT-Runnerの記録2:ベータ版 - 超ウィザード級ハッカーのたのしみ

*1:陽の目は見ないがやる。これが「でも、やるんだよ」ってやつか?