読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bash で Power Assert 風のものを作った

手慰み Bash 計算機

GitHub - fjkz/power-assert-bash: Power Assert for Bash

Bash で Power Assert 風のものを作りました。*1

なぜか Bash には assert がありません。なので、 Bash でテストを書くときは、 set -e として、

[ "$actual" == "$expect" ]

とか書きます。しかし、これだと失敗したときに、情報がないので困ります。set -x としてもいいのですが、これ欲しくない表示も出て、ウザイのです。また結果も見づらい。Bats もテストのどこでエラーとなったかは教えてくれるが、変数の中身とかは教えてくれません。

そこで、 Power Assert 風のものを作ってみました。 Power Assert とは、Spockに含まれる assert の結果を美しく表示してくれる機能です。

. power-assert.bash
A="HELLO WORLD"
[[[ "${A}" == "HELL WORLD" ]]]

.source コマンドで power-assert.bash を読み込むと、 [[[ コマンド (実体は関数) が使えるようになります。 シェルスクリプト[ コマンドとほとんど一緒で、条件が否なら 1 のステータスコードを返し、正なら 0 を返します。しかし、[ と異なり、条件が否の場合はエラーメッセージを吐きます。

上記のスクリプトを実行すると、以下のメッセージが表示されます。

assertion error:

[[[ "${A}" == "HELL WORLD" ]]]  ->  false
     |
     "HELLO WORLD"

at function main (sample.sh:3)

まあ、ただこれだけです。 assert_equals みたいな関数を用意するよりは、いいと思っているがどうなのだろう。

*1:○風としているところが、そんなに powerful ではないことを示していますが……。 powerful にしようと思ったら、BashBash のパーサーをつくらんといけない……。まだ綺麗に表示されない条件も多い。