読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい人間になりたい

所感 a.k.a. poem

このところずっと心に思っていることがある、ちょっとはマシな人間になりたい。恥の多い生涯を送って来ましたが、そろそろお天道様に顔向けできるような人生を歩みたいです。

マシな人間とは正しいことをする人のことです。正義を信じ、正義を貫ける人に私はなりたい。私は絶対に正しいのだという自信を持った行いをしたい。

何をもって正義とするか。もちろん世界には多様な価値観があって、それぞれがそこでの生活体系の中では正しかろうということは認めている。私の正義は、私が持っている価値観の体系で正しいことである。私が正しいと思うことが私の暮らす共同体の中でも正しいかどうかを疑ったら話が進まないので、私は道徳を知っていると信じる。

むしろ年を取ると、正しいことを知っているはずなのに、分からなくなってしまうのが怖い。世の中には「馬鹿には見えない服」が多い。裸の王様はやっぱり裸であると、自分の感性には自信を持つべきだ。私も含めて言われた後に「そんなの当たり前だ」みたいなことを口にするのだが、経験だとか知識だとかが付いてしまうと当たり前のことにさえ言われるまで気付かなくなってしまう。

すべての正義を認識できていないのかもしれないが、現状知りうる正義をもってして、私はそれに従っているのか。恥ずかしながら不正義な行いをしている。悪行はしていないが、今日お前は悔いのない生を過ごしたかと尋ねられれば、確信をもって肯定することはできない。遅くに起きたし、頭ボサボサで、部屋は散らかったままだし、やろうと決めていたこともできていない。こんなちっぽけなことだけではなくて、一生後悔するようなこともこれまで多くした。10年近く無駄に過ごしている。生きているからいいのだけれど、余生もこのまま過ごすは嫌だわ。

正しい行いをしたい。私は絶対に正しいと確信をもって、日々を過ごしたい。お天道様にも世間様にも、恥ずかしくない生き方をしたいものです。

不正義な行いの何が良くないかというと、それを一旦してしまうと、どんどん悪い方に向かっていくところだ。ひとつ後ろめたいことがあったら、ふたつめもみっつめも不正義が気にならなくなってくる。そして常に良くない行いを選択するようになってしまう。また、ちょっとでも後ろめたいことがあったら、正しいことをする際の行動力まで下がる。私は断じて間違っていない・私は正しいと信じている人間は強い。

不正義というのは軽微であっても許すことができない割れ窓なのです。常に正しいことをするという、ゼロ・トレランスの精神で戦わなければならない。戦うといって、誰と戦うかというともちろん自身とである。まあ、そんな気張るようなことでもなくて、迷いだとか躊躇だとか怠けだとかをせずに、ただ自分の正しいと思うこと・当たり前だと思うことをするだけです――それが出来ないわけですが。

また、周囲とも戦わなければならない。自分の正義を貫くなんて、わがままな生き方です。お前らが間違ったことをしていようが俺は正しいことしかしない、そしてお前らも正しくあれ、と言っているわけですから。後ろめたさがちょっとでもあったらそんなことも言えないので、自由が効く範囲では隙のない正義を実行している必要はあります。わがままだとは思うのだけれど、後悔はしたくないので正しいわがままは通そうと思った。

ほとんど全員がこれは正しくないのではないかと思っていても、なあなあで正しくないことを続けているところってあるじゃないですか。「言っていることは正しい、でも……」だとか、「正論を言っても仕方ないじゃないか」*1とか、金輪際聞かない。今後は怒るようにしたい、そして無視するようにしたい。面倒くさいみたいな理由で私もそういうこと言ったことがあるけれど、それで何の進歩もないような場所には居たくない。もう決して言わない。

正義を貫く――これを格率として、ちょっとはお天道様に顔向けできるような日々を過ごしたいと思う今日このごろ。

心の欲する所に従いて矩を踰えず

こんな意識高いようなことを考えなくても、自然と実行できる境地に達したら、立派な人間になれたと言えると思うが、それは無理かな。

*1:一般的には正しいが個別の場合には正しくないならそれは正論でない。