IBM Watson の性格診断で遊んでみた

IBM が Watson というブランド名で AI っぽいサービスを展開しています。以前から気になっていました性格診断のツール、Personality Insights で遊んでみました。

下のページからデモができます。日本語にも対応しています。

f:id:fjkz:20180625024535p:plain

このブログに書き留めている駄文を食わせて、私の性格を診断してもらいます。分量が多いほうがもっともらしい結果が出るそうなので、2017年・2018年に書いた記事をつなげて入力してみます。全部で20000字程度です。

結果として総評・具体的な好みの有無・集団の中での位置を示す数値が返ってきます。

f:id:fjkz:20180625025559p:plain

また、サンバーストチャートで可視化した結果も返します。

f:id:fjkz:20180625025727p:plain

なんでも、私は――

  • 個性のビッグファイブ中では Openness (経験への開放性)が非常に高く、知的で反権威的で冒険心が強い。また独断的で自分はなんでもできると思っている。

  • 価値観としては、自分の成功や快楽には興味がなく、現状維持にも変化にも関心がなく、唯一周囲の人の役に立つことだけが価値だと思っている。

  • 欲求としては、社交的に陽気にしたいという要求が全くなく、物事が秩序立って整理されていることを求めているそうです。

自己認識と異なるところがありますが、少なくとも文章に書いている内容とは一致しているように思います。なかなかすごいですね。

文章からどのように個性を計算しているのでしょうか?まさか文章を読んでいるわけではないと思われます。きっと単語に分割して、それぞれの単語が個性の要素に対して持つベクトルを足し合わせているのでしょう。おそらく仕組みとしては、そこまで難しいことはしていないように思われます。難しいのは精度を上げることなので、その点では完成度が高いと言えるでしょう。

これが何に使えるか?マーケティングでしょう。性格診断の結果と顧客の行動に関連があることが明らかになれば、いろいろとマーケティング施策が打てそうです。ただ、性格診断の結果と顧客の行動を突き合わせて、両者の関係を調べることができる会社なんて、日本に5社もないでしょう。また、ほとんどの場合、明らかになることは元々その会社が知っていたことか特に有益でないことではないかと思います。面白いけれども、これを商用に使わせるのはなかなか大変なのではないかと思いました。