技術的負債なんて放っておけ

仕事 (job) をしていてつらいことの一つが、人類の叡智を無下にした冒涜的な仕事 (work) を見なければならないことです。単に技術的負債ともいいます。高く積み上げられてしまった負債の山の前で、呆然と立ち尽くして、絶望的な気分になります。

どうしてこんなことになってしまったのだろうと怒りつつも、事情は想像がつくし、事実としてそこに問題が存在している状況で、問題の存在を批難しても仕方がありません。技術的負債は、これを負のサンクコストとでも呼んだらよいのか、もう過去に戻って取り返したりはできないものです。これからどうするのかだけ考えるしかありません。

どうにかしなければならないと考えつくのは、負債の山であっても、キャッシュフローを生み出す資産価値があるからです。事業自体にやる価値がないなら、何も考えずに負債ごと捨ててしまえばいい。きっとそれで解決する問題も多いでしょう。人が足りていない社会にあって、そんなものを維持することに貴重な人的リソースを浪費するのは悪行でしかありません。

気が滅入って前向きになれないような雑な仕事だと、事業が潰れることを願ってしまうこともあるでしょう。一人が思うようなことは他の人も思っているので、こういう状態になれば遠からず願い通りになりますが、良い結末ではないでしょう。個人としては逃げるのも十分に理にかなった選択でしょう。昔は別として、今は退くべきときに退けない人は他に行き場所がないか決断ができない人間だと思います。

でも、私は前向きにどうにかしたいと思ってます。しかし、前向きにどうにかしようと考えても、やっぱり呆然と立ち尽くすしかなくなるのが、困ったところです。解決できたら百億円オーダーの価値がある仕事ですが、壮大すぎて気が遠くなります。別に難しい仕事でもなくて、世にいう工数を突っ込めばどうにかなります。つまらない仕事が膨大にあるだけです。それがしたくないねえんだよという話なのに、それ以外の解決方法が見つからない。

もはや放っておく以外はないのかもしれません。負債というのはよくできた比喩で、別に金融的な負債は悪いことではありません。利率よりも儲かるならば、むしろ良いことです。リスクを勘定して、レバレッジを効かせるのが、効率的な経営というものでしょう?金融的な負債と同じく、技術的な負債が問題になるのは事業の収益性が下がったときで、そうなったら技術的負債なんて問題にならない。ただ、事業と一緒に死ぬだけです。

我慢すれば/させればどうにかなるならそれでいいじゃないかとすら思うのです。誰かが人柱になれば、数億円ぐらいで解決します。そして、そういう人は世の中にいっぱいいます。人柱を立てるのが一番安いからでしょう。当人からしても特殊な知識を持っているがゆえに、安定した仕事です。いや、それが耐え難いというのが問題であって、我慢するのは果たして解決なのだろうか。

他に思い至るのは、技術的負債を先送りにしすぎて身動きがとれなくなっている企業はそのまま死ぬべきというものです。金融的負債を繰り延べさせてもらって延命させてもらっているような企業はゾンビ企業で死ぬべきであるという理屈があって、それと同様です。いや、でも、それをどうにかしたいというのが目的なので、受け入れられない。

考えが堂々巡りになって、解決が見えない。解決が見えないなら、放っておく以外ないのだろうか。特に結論はありません。