読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TT-Runner: テストスクリプトのディレクトリ構造フレームワーク

計算機 手慰み Python

以前書いたテストツールがある程度できたので、公開する。TT-Runner と名付ける。

GitHub - fjkz/ttap: A Test Scripts Runner

結合テスト以降のユニットテストフレームワークがうまいこと使えなくて、スクリプトをだらだらと書いているような場合を想定したツールです。テストスクリプトの中身はシステムによって大きく異なるので、ディレクトリ構造の方を規定してしまおうという考えです。

以下のような、テストスクリプト群があったとする。

sample/test-before-after
├── after1.sh
├── after2.sh
├── before1.sh
├── before2.sh
├── test1.sh
└── test2.sh

これを実行すると、JUnit風に実行してくれるという、単純なツールです。

$ ./bin/tt-runner.py sample/test-before-after
✓ before1.sh.1
✓ before2.sh.1
✓ test1.sh
✓ after2.sh.1
✓ after1.sh.1
✓ before1.sh.2
✓ before2.sh.2
✓ test2.sh
✓ after2.sh.2
✓ after1.sh.2

operations       : 10
succeeded        : 10
failed           : 0
time taken [sec] : 0

SUCCESS

実行ファイルをディレクトリにしてテストをネストさせることもできて、いくつかの既存のテストスイートをまとめて実行したりすることを想定している。

用途が限定的で明確だから、もしかしたら他の人にとっても使いやすくなるかもしれない。少なくともベタ書きシェルスクリプトが増え続けるよりはマシになるだろう。

自分で使ってみて、使いにくいところがあったら、ちょこちょこと直していく予定である。


次回: TT-Runner の記録 1 - 超ウィザード級ハッカーのたのしみ